ホットドッグ岡山市あなたはイギリス英語が好きですか?それともアメリカ英語が好きですか?

また「子供に英語を学ばせるなら○○英語を話す先生がいい!」などそれぞれあると思います。

ではどちらがいいのでしょう。

結論から言うとどちらでもいいと思います。どちらが得とか、どちらが正しいと言い切ってしまうのもどうかと思います。Englishというくらいだからイギリス英語が本物の英語だと思う人もいるし、アメリカ英語はハリウッド映画でも話されているかっこいい英語だと思う人もいます。でも世の中にはこれに限らず、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの人たちもみんなエイゴを話します。みんな本物のエイゴです。アメリカ国内やカナダ国内でも東西ではアクセントがかなり違います。そりゃそうですよね。だって、日本でも北海道と九州・沖縄では全然違いますから。日本人の中には発音ばかりに気を取られて話す力を発揮できていない人が多いようにも感じます。少しくらい日本語のアクセントがあってもたくさんの表現を使って流ちょうに会話をすることができたらそちらのほうがそちらのほうが、発音だけきれいで文法や語彙に乏しく、そもそものコミュニケーション力が低く話せないよりよっぽどよくないですか?世の中にはインドなまりの英語、中国なまりの英語、フレンチなまりの英語などいろいろありますが、そもそも言葉とはコミュニケーションツールの一つです。きちんと相手に伝えることができ、コミュニケーションが取れれば、イギリス英語でもアメリカ英語でもどちらでもいいのではないでしょうか?

また、「私はアメリカ英語しか話さないからイギリス英語で話されるとよくわからないのよね~」と自慢げに話す人もいますが、それは英語のリスニング力が十分でないことを証明しています。なぜなら英語のネイティブスピーカーはどちらの英語でも普通にわかるはずだからです。最低ラインはありますが、あまり発音ばかりを気にせずコミュニケーション力を身につけることに意識を傾けて学習することが英語上達のコツと言えるでしょう。

%d bloggers like this: