毎年恒例の子供達による英語劇。今年は「The boy who cried wolf.」のアーリーバーズオリジナル版を上演しました。ほぼ一か月近く練習をし、演技指導を受ければ受けるほど、感情豊かに、動作も大きく、とっても上手にできるようになりました。セリフの読み合わせ、立ち位置の確認、表情の出し方、声の抑揚のつけ方など覚えることはてんこ盛りでしたが、子供達も演じる楽しさを見出しながら、頑張ってくれました。今年は年長さん5人がナレーター役もしてくれました。

  

当日、最初は緊張してしまった子もいましたが、周りのお友達に「It’s OK. It’s not scary.」と優しい言葉をかけてもらい、自分の出番をしっかりやり遂げれました。劇の練習を通して、子供達間の距離感もぐっと縮まり、相手を思いやる気持ちを随所にみることができました。一つの大きなイベントから子供達が精神的にもまた一段大きくなったことを感じました。

WATCH FULL CONCERT

%d bloggers like this: