「子供に英会話」をと考えるとき、おうちで導入しやすいものが、英語の絵本。最初の絵本はリズムのあるもの。同じようなフレーズでお話が構成されているものがおすすめです。もちろん、絵が子供たちの興味を引くものであることは、はずせません。

スクールでも、英語を学び始めた子にも大人気な絵本が、日本語にも翻訳されている

「Brown bear, brown bear, what do you see?」これは同じリズムで動物が変わるだけで話が出来上がっているので、まだ文字が読めない子供でも音から自然にセンテンスを発話できるようになっています。英語の絵本

「Five Little Monkeys Jumping on the bed」これは遊び歌でもあるので、YouTubeなどインターネットで検索をかけると、映像でお話をみることもできますよ。英会話の中で大切な英語独特のリズムや音と音のつながりを身に着けるときに、口づさみやすい絵本はとてもよい教材になるんですね。

「Excuse Me!: A Little Book of Manners」子供に英語のマナー(I’m sorry./Thank you.)などが学べる本です。またご両親が「何て言ったらいいの?」と子供に言うときに使えるフレーズ(What do you say?)などもあり、親子で楽しみながら学べる絵本です。日本ではゲップをしても何も言わないことがよくありますが、欧米ではExcume me.と言わないのは失礼にあたるので、文化の違いも感じられる本ですよ。

他にもたくさん紹介したい本があるので、またご紹介しますね。

そうそう、英語の絵本を子供に紹介するときはいきなり読むのではなく、まずは絵を一緒にみて、何が見える?何匹いる?などお話しの理解の助けになる質問をして、簡単な英単語を紹介していくと子供も理解しやすくなっていきますよ。

%d bloggers like this: