スライムで遊んだよ

スライムで遊んだよ

雨が続き、外遊びもできない日々が続いているので、何か子供達が楽しめることをと思い、スライムを作って遊ぶことにしました。せんたく糊、ホウ砂水、食紅を準備し、混ぜ混ぜ。

子供達からは「How many times do we stir?」との質問も。

ホウ砂水を入れるとカップの中がドロッと固まってくるので、それをひたすら混ぜ続けていくと、程よいスライムが完成。

ランチ後出来上がったスライムで遊びました。 (さらに…)

プール活動スタートしました

プール活動スタートしました

梅雨明けし、気温がぐっと上がるようになったので、子供達がずっと待っていたプール活動を始めました。

水が怖くない子達、あまり得意でない子とタイプも様々なので、プールも複数出し、レベルに合わせて子供達に入るプールを決めてみんなで楽しんでいます。

年少さん達はおもちゃのコインを水の中から見つけたり、少しずつ顔に水をかける遊びをしたりと夏を堪能しています。浅いプールは日光であっという間に水温が上がるので、寒がることもなく、たっぷり遊んでいます。

水が少し苦手な子は頭から水をかけてもらったり、自分で顔全体を水につけることにチャレンジしています。

水が大好きな子達はイルカのように潜ったり、泳いだりと大きな深さのあるプールでたっぷり遊んでいます。

水が苦手な子が練習していると、やり方を見せてあげたり、「You can do it!」と声をかけてあげる年長さんに感動しました。

苦手を克服するために少しずつ頑張る姿や、苦手な子に手を差しのべる子供達に大きな心の成長を感じました。

小さな「できた!」が大きな自信に繋がり、苦手を自分の力で克服していく過程を見ることができるプール活動。

子供達と一緒に楽しもうと思います。

 

イチゴ狩り行ってきました

イチゴ狩り行ってきました

GWお休みに入る前にプリスクールの生徒みんなで農マル園芸吉備路へイチゴ狩り行ってきました。

去年は行けなかったので、今年はコロナ感染には最大限の注意を払いイチゴ狩りを楽しむことができました。子供たちは行く前から「I can eat 20 strawberries.」「I want to eat a lot of strawberries.」と食べる気満々。テンションも上がっていましたよ。

4月入園した子たちは初めての遠足。みんなよくお話を聞いて、楽しい時間を過ごすことができました。

大きなイチゴを見つけて、「Look! I found a big one!!」と嬉しそうにイチゴを見せてくれる子、「A small strawberry is yummy.」となかなか鋭い観察力を発揮する子とみんなおもいおもいにイチゴを堪能。残り時間ぎりぎりまでみんなイチゴを食べていましたよ。私たち先生のためにイチゴをちぎってくれる子もいて、感激でした。

イチゴ狩り後は清音ふるさとふれあい広場へ移動し、ランチ&自由遊び。新しくなった遊具でたくさん遊び、子供達は大満足の一日を過ごすことができました。雲梯や滑り台、ロープ滑りなど日頃遊ぶことがない遊具に子供達も大はしゃぎでした。

たくさん遊び、疲れもあり、帰りのバスではあっという間に寝落ちする子続出でした。

子供達のはじける笑顔いっぱいの一日となりました。

 

 

こいのぼり制作しました

こいのぼり制作しました

新入園生もすっかり園生活にも慣れ、初めてみんなで協力して大きなこいのぼりを作ることにしました。

今回はフィンガーペイントでこいのぼりをぬることにしました。

指で絵の具を触ることが気持ちよくて、どんどん塗っていく子もいたり、初めての絵の具にこわごわ指を入れていく子と色だけでなく、

触覚も楽しみながら、大きなこいのぼりを仕上げていきました。

最後は手のひら全体でウロコを表現。

個性的な鯉のぼりができ上りました。

教室に飾って、風におよぐ鯉のぼりを表現してみました。

2021年度がスタートしました。

2021年度がスタートしました。

4/5(月)からアーリーバーズも新年度がスタートしました。

新しいお友達を迎え、年中さんだった子は待ちに待った年長さんに、年少さんは年中さんになり、クラスの雰囲気もがらっと変わりました。

初めは、新しいお友達にすこし戸惑いも見せていましたが、少しずつお兄ちゃん、お姉ちゃんとして一緒に遊んだり、手助けをしてくれるようになっています。

これからそれぞれの学年の子がどのように成長していくのか、とても楽しみです。

発表会を行いました

発表会を行いました

今年の発表会のお話は「Hansel &Gretel(ヘンゼルとグレーテル)」でした。

お話の道徳テーマは「違いを認めて、もし間違ったことをしても許し、受け入れる」でした。これから子供達が大きくなった時に、覚えていてほしいテーマにしました。お話の内容は少しアーリーバーズ仕様となっています。

1か月をかけてセリフを覚え、動きを入れ、ユーモアをちりばめつつ、みんなで一つの劇を完成させました。

年長さんは本当にたくさんのセリフを覚え、年中さんは年少さんを引っ張っていくリーダーとして頑張り、年少さんは初めての劇の練習で、待つことも多かったですが、大きな動きと大きな声で劇に参加できました。

練習を始めた時はセリフもスムーズに言えなかったり、動きも硬かったりしていましたが、練習を重ねる毎にめきめき上手になり、一体感も生まれ、発表会当日はとても素晴らしいものを保護者の皆様の前で披露することができました。

今年は新型コロナウィルス感染防止のため、4日間にわけての上演となりました。子供達は集中力を切らすことなく、最後まで演じ切りました。

劇の練習を通して、英語だけでなく、努力することの大切さ、みんなで一つの目標に向かって頑張ることなどを学び、子供達は精神的にも大きく成長できました。

Well done, everyone!!

 

今日は節分

今日は節分

本日2/2は節分。

子供達は「あと何回寝たら豆まきするの?」とお母さんに聞いているくらい楽しみにしていた行事です。

鬼がくるから今日はお休みしようかなぁと言っていた子もいたようです(笑)

朝からみんなで協力して、新聞紙でたくさんの豆を作り、鬼のマスクと服も準備万端。

 

子供達と節分についてお話ししていると、教室に青鬼と赤鬼が!!

子供達は「鬼は外!」「Go away scary monster!!!」と言いながら必死に豆を投げつけていました。

 

鬼の迫真の演技に泣いてしまう子も出ましたが、

その後は子供達が鬼に変装し、先生達に向かっていきました。

「I’m a scary monster. I will eat you!」と迫力満点の鬼になっていました。

泣いていた子もすっかり笑顔で節分を楽しむことができました。

 

ハロウィンの時に覚えたscary, go awayなど言葉をしっかりと覚えて使っている姿に子供達の成長を感じました。

CambridgeYLEの結果が届きました

CambridgeYLEの結果が届きました

昨年11月に実施されたCambridgeYLEの結果が届きました。

今回もみんなすごく頑張っていて、受験したみんなも笑顔になる結果でした。

レッスンだけでなく、お家でもしっかりと単語を覚えたりと頑張った成果がきちんと出ていました。

 

Well done, everyone.!!

Keep up your hard work!

 

次回は3/14となっています。

受検希望の方は1/15(金)が申込〆切となっていますので、お忘れなくお申込み下さい。

クリスマスにちなんだパペットを作りました。

クリスマスにちなんだパペットを作りました。

寒さも厳しい12月。

子供達にとって、12月はクリスマスのある特別な月ということで、

クリスマスにちなんで、サンタさんとトナカイのパペットを作りました。

紙コップに折り紙で色をつけ、サンタさんには目、鼻、おひげなどをつけてとてもカワイイパペットが完成しました。

トナカイはモールを上手に指に巻き付けて、角のカーブを出しました。

 

でき上ると、「Look, this is my Santa.」と嬉しそうに見せ合っていました。

自由時間ではパペットを持って、

「Hello, I am Santa Claus. What are you doing?」

「Hello. I am a reindeer.」と二つのパペットで、声色を変えて会話をさせてみたり、

お友達とパペットを通してお話しをしたりして楽しんでいました。

パペットがあると、パペットでおしゃべりがしたい!と思うようで、

年少さんも自分から英語で知っている単語を全て使って、お話しをしていましたよ。

パペットが英語でしゃべってみたい!と思う一つのきっかけになっていました。

 

アーリーバーズの子供達みんなとても頑張って、いい子で日々を過ごすことができているので、

きっとサンタさんも来てくれると思います!

 

 

 

秋を楽しみました

秋を楽しみました

11月になり、朝晩ぐっと気温が下がり、木々も紅葉していますね。

そこで、今月の工作活動として、まずは天ぷら紙を絵の具で染めました。

自分が思ったとおりに色をしみこませることができた子、

赤色と黄色がにじみ合って、オレンジになったり、

Some leaves have purple.と言って、紫色をにじませたりと

子供達それぞれが考える紅葉した葉っぱの色を紙に吸い込ませていましたよ。

その後、それを葉っぱの形に切り取り、落ち葉遊びをしました。

ぱっと投げると、ひらひらと舞い落ちてくる葉っぱに子供達も大喜び。

全員が葉っぱを持てるように一人8枚と伝えると、

多く葉っぱを持っている子が少ない子に自ら葉っぱを渡してあげていて、

相手を思いやるという優しい心が育っているのを見て、とても嬉しかったです。

 

最後は大きな紙に紅葉を再現。

3本の木(small tree, medium tree, big tree)を用意し、作った葉っぱを貼り付けて、秋を表現しました。

これはアーリーバーズの編成と同じで、年少さん、年中さん、年長さんを表しています。

年少さんはI am a little kid.と言いながら、一番小さい木に葉っぱを貼っていきました。

大きな木が小さな木を守りながら立っている様子は

アーリーバーズのお教室の中の子供達の関係を見ているようです。

年少さんは年中・年長のお兄ちゃん・お姉ちゃんから助けてもらい、

また彼らから学びすくすく成長しています。

 

縦割りクラス編成はアーリーバーズの特徴です。教え、教えられ、お互いに切磋琢磨し、

卒園する時には大きく羽ばたいていきます。

まもなく2020年から2021年へ。

時間が過ぎるのは思っている以上に速いです。

このメンバーで過ごすのもあと数か月。

たくさん遊び、たくさん学び、たくさんの思い出を作ってほしいです!