子供が自然に英語に触れていく一つの方法として、英語の歌があります。いきなり長い歌詞の歌はハードルが高く、英語で口づさむことが難しいですよね。そんな時は簡単な歌詞が繰り返し出てきて、英語自体もそれほど難しくない手遊び歌は最適ですよね。歌は英語独特のリズム(単語と単語のつながり、抑揚のつき方など)を楽しく学ぶにはもってこいの教材です。子供が英会話を学ぶ時に、カタカナ英語ではなく、正しい発音や音と音のつながりで話せるようにすることに使える一つのアプローチなので、歌やリズムをとるのが好きなお子様にはぜひ導入してみてください。

 

Head, Shoulders, Knees and Toes

これは日本語でも歌になっていますよね。子供たちも動きや意味が分かっている分、英語での導入も簡単です。全身を使って歌う歌なので、子供にも大人気ですよ。

 

If You Are Happy and You Know It

こちらも日本語バージョンがありますえね。音のつながりを意識できる歌です。アクションもかわいく、多めの人数で歌うと盛り上がる歌です。

 

Five Little Monkeys Jumping on the Bed

以前の絵本の時に紹介しました。これは片手をベッドに見たてて、もう一方の手でサル5匹を表して、一匹ずつサルが減っていくのを指の数で表していく手遊び歌です。同じ歌詞が繰り返し繰り返し出てくるので、小さい子供さんでもすぐに覚えることができるとおもいますよ。

 

ぜひYouTubeでこのタイトルを入力して検索をかけてみてください。アニメーション付きの歌がたくさん表示されますよ。子供も目と耳とで英語に触れることができて、保護者の方の負担も少なくておすすめです!

%d bloggers like this: