明日は節分。

節分でなぜ豆を鬼に投げるのかを子供たちに聞くと、「Because oni doesn’t like beans.」ときちんとお答えしていました。

インターナショナルスクールですが、日本の文化を正しく知り、楽しむことも大切にしています。

 

どんな色にするか、目を何個つけるか、どんな表情にするかは子供たちが自分で考えました。

目、まゆげ、口、歯などを切り取り、自分の鬼の顔の上に並べてどんな鬼にするかを何度も置きなおしながら、鬼のお面を完成させていました。

一つ目の鬼、牙がたくさんある鬼など、世界に一つの鬼のお面が出来上がりました。

 

今回は少し趣向を変えて、お面が自立するようにし、みんなで鬼ボーリングをしました。

何体の鬼を倒すことができるか、コースを考えながらボールを転がし、「I got 3 oni!」と子供たちは大興奮。

楽しい節分になりそうです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。